インターネット工学---2

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数227
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題 自分のHPを作成することを想定し、できるだけ様々な仕掛けCGI、SSL等を取り入れたページの設計案を作成せよ。
     利用する仕掛けについてはその技術的な内容を説明し、完成したホームページでどのような効果が期待されるか述べよ。ソースコードもあるとよい。
    2000字以上
    転載等は禁止、参考にとどめてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    利用する技術の仕組みおよびその技術の利用により得られる効果の解説。
      
    CGI
    Common Gateway Interfaceの略語で、サーバーマシン側で動くプログラムである。今ではインターネットで個人、企業問わずに使用されるプログラムである。よく見かける「掲示板」やプロバイダ等で用意されている「アクセスカウンター」、多くの「ショッピングカート」、訪問者の足跡が分かる「アクセス解析」、「問い合わせ」や「投稿」時に自動返信する「オートレスポンダー」等がCGI プログラムで動作する代表的なものである。
    HTML言語ではできない双方向通信をその場で行う事ができ、またその記録を保存出来るので、単なるHP公開に終わらずに、訪問客とのコミュニケーションがリアルに可能となる大きなメリットがある。または、サイトを効率良く運用するためのデータ収集資料にする事も可能になる。
    普通のHP閲覧の場合
    WWWサーバ
    HTML
    プログラムソース
    URL
    ブラウザ
     
    CGIプログラムの場合
    CGI
    プログラム
    WWWサーバ
    URL+data
    ブラウザ
    CGI出力
    環境変数
    JavaScript
    JavaScr..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。