情報社会と職業②

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数159
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題 企業は雇用に際してコミュニケーション能力を重視しています。一方でインターネットの普及によるオフィスの情報化の進展は、在宅勤務も可能にしています。この二つは矛盾するか考えを述べよ。
    2000字程度
    転載等は禁止します、参考にとどめてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     近年の新聞等のメディアで次のような記事を多く目にする。「大卒就職率93.6%に改善」「大学生就職内定率58% 前年より5ポイント増」などの新卒大学生の就職率に関する記事だ。現在の日本はいわゆる不景気という状況にある。そのような状況において大学生をはじめとする「シューカツ」の現状はとても厳しいと考えられるだろう。
    では不景気である今、企業はどのような学生を求めているのだろうか。多くの意見がある中で、まず雇用に際して企業が学生に求める資質としては「コミュニケーション能力」があげられるのではないか。社会においてあらゆる場面で仕事を円滑に進めるためコミュニケーション能力は幅広い業種で重視されているのだろう。
    コミュニケーション能力というのは、具体的にはどのような能力のことか。ネット上で調べていくと、採用している企業の側も統一的な認識を持っているわけではなく、バラバラである。いくつか挙げてみたい。
    ①報告・連絡・相談がしっかりできる能力。
    社会人としての基本で、これを重視する企業では、組織の忠実な歯車としての役割が期待されているようだ。
    ②調整能力
    一般的なコミュニケーション能力のイメージに..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。