情報社会と職業_第2回レポート課題

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数217
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題 企業は雇用に際してコミュニケーション能力を重視しています。一方でインターネットの普及によるオフィスの情報化の進展は、在宅勤務も可能にしています。この二つは矛盾するか考えを述べよ。
    2000字程度
    転載等は禁止します、参考にとどめてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「情報社会と職業」_第2回レポート課題
    組織の中で働くということは、当然他人と一緒に仕事をするということである。相手の伝えたいこと、自分の伝えたいことをやりとりしていく中で仕事は進められていく。企業がコミュニケーション能力を重視する背景には、仕事というのは他人と協力して行い、その中でコミュニケーションしていくことが必須である、ということがあるだろう。他人とコミュニケーションをとれない人は、組織で仕事をしていく上でうまくいかないだろう、ということである。
    一方でインターネットの普及で、近年、仕事の環境は大きく変わっている。例えば、テレビ電話というものがある。それは、今まではある特定の場所に集合して行っていた会議を、それぞれの場所からテレビを通じて行うというものである。このテレビ電話の登場で、今まで遠い場所で行っていた会議が、自社の部屋やあるいは自宅で行うことも可能になった。また、そのことにより、移動時間やコストが無くなり、その浮いた分を企業活動に与えることも可能になった。
    イントラネットも整備されてきている。イントラネットとは、インターネット標準の技術を用いて構築された企業内ネットワーク..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。