情報社会と倫理第2回

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数126
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ツイッターやブログでの若者のいわゆる炎上が近年頻発しているが、もしあなたが学生にアドバイス・意見するとしたら、どのように言うか?
    また、非難嘲笑し、「炎上」させている人達をどのように見るか?
    これらの現象にどのような問題点があるか?
    このような現象はインターネットあるいは日本社会にどのような含意を持っているか?
    複数の観点から問題点をあげ、論じなさい。
    2000字程度
    転載等は禁止します。参考に留めてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    情報社会と倫理 第2回 レポート
    ツイッターやブログでの若者のいわゆる炎上が近年頻発しているが、もしあなたが学生にアドバイス・意見するとしたら、どのように言うか?
    また、非難嘲笑し、「炎上」させている人達をどのように見るか?
    これらの現象にどのような問題点があるか?
    このような現象はインターネットあるいは日本社会にどのような含意を持っているか?
    複数の観点から問題点をあげ、論じなさい。
    ①ネットでの炎上に対する学生へのアドバイス・意見
    学生に対して、ネット(主にブログ等)を使用する上での利点、責任について理解を促す。ネットでの炎上を起こす大学生や高校生は現実世界とネット社会のリンクがあいまいになっており自分の発言がどう影響していくか考える機会が少ないと思われるからである。まず利点としては、インターネットは自由に議論ができるということである。ブログでは普段なかなか言えないことを発信し、発言に対するレスポンスを通じていくことで新たな考えや知識・経験を深めていくことができ生産性のあるものになっていくのだ。このようなインターネット上なら思い切って発言することができるという匿名性又は氏名を公表し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。