西洋史2

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数175
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題 明治時代の日本とドイツとの交流で最も重要と思われる事柄について説明し、考えを述べよ。
    2000字程度
    転載等は禁止します。参考に留めてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     まず、江戸時代にまで遡りドイツと日本の関係をみていくと、江戸幕府が鎖国政策を行っており、オランダ以外の欧米諸国とはあらゆる関係の樹立を拒絶していた。同時期のドイツでは中小国家の分立が続き、18世紀以降にドイツ北東部から強国化したプロイセンもイギリス・フランス・オランダのようなアジア・極東地域での植民地獲得運動を行っていなかったため、日本と現在のドイツに当たる地域との国交は長年開かれなかった。しかし、1858年に日米修好通商条約などが締結されて江戸幕府が開国政策へ転換すると、プロイセンも日本との国交樹立へと動き、1860年にフリードリヒ・アルブレヒト・ツー・オイレンブルク伯爵を派遣して、186..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。