地誌学概論3

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数168
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題1 朝鮮半島の地誌のトピックスを調べ紹介せよ
       2 インドの地誌のトピックスを調べ紹介せよ
       3 ラテンアメリカの地誌のトピックスを調べ紹介せよ
    各600字程度
    転載等は禁止します。参考に留めてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    地誌学概論③  (各600字以上、図や表をレポートに添付し記載すること。なお図および表は1枚につき100字に換算してよい。)
    1 朝鮮半島の地誌のトピックス(ex: 韓国村落の類型と「両班」の居住など)のうち興味をもったものについて調べ、紹介せよ。(教科書第6章「朝鮮半島」を参照)。
    【朝鮮文化について】
     現代の日本において、外出し、町を歩いていくと他国の文化や言語に出くわすことが多くある。まず多く見かけるのは、ほぼ間違いなくアメリカ文化、英語である。二番目はなにかと考えたときに多少の誤差はあるだろうが、隣国の韓国、朝鮮半島の文化を挙げることができるように思えた。もちろんこれは主観であり、他に中国の文化等も、もちろん考えられるが、今回は韓国の文化について紹介と考察をしていくことにする。
     まず、「食」文化についてだが、日本においても一般的に焼肉文化というものはあるが、韓国の肉食文化はどのようなものなのか。
    韓国の肉食文化で、日本と大きく違う点は、「犬肉」(タンコギ)である。まず、私が思う犬肉のイメージは獣くさくて、肉が筋肉質で硬いというものだが、実際は違う。犬肉料理の代表的なものの「..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。