読書と豊かな人間②

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数105
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題 学校教育における読書の役割、そして学校図書館はどのような取り組みが期待されているか述べよ。
    2000字程度
    この文章の転載等を禁止します。参考に留めてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     学校教育での読書の役割について考えるには、新学習指導要領を押さえておく必要がある。新学習指導要領には、「思考力・判断力・表現力等」を育むことを目的とした言語活動の充実が盛り込まれ、それを支える条件として、読書活動の推進、学校図書館の活用や学校における言語環境の整備の必要性が示された。言語活動の充実が設定された理由の一つには、経済協力開発機構(OECD)による学習到達度調査(PISA)によって、日本の子どもたちには「思考力・判断力・表現力等」を問う読解力問題に課題があると判明したことが挙げられる。また、新学習指導要領には「生きる力」の育成を目的に「探究的な学習」の推進も明記されるようになった。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。