学校経営と学校図書館②

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数65
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題 学校図書館における選書と資料組織の意義と方法について述べよ。
    2000字程度
    この資料の転載等を禁止します。参考に留めてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【学校図書館における選書の意義と方法】
     学校現場において、学習指導要領にも記載されている「生きる力」を高めるために、読書を推進していこうという動きは多くの学校でみられる。ただし、読書を推進するためには、児童・生徒が興味・関心をもつ本の存在というものが大切だと考えられる。この興味・関心をもつ本を選ぶということで、学校図書館において選書という作業はとても重要な部分だと考えられる。テキストでは選書について図書の選択は、要求に対して最大の価値を提供する仕事、つまりいずれか一方を損なうことなく、要求と価値を結合するしごとだと紹介されていた。選書は要求に答えるだけでなく、そこに価値を付加する。という重要な意義があるのだ。
     選書の基本的な方法として、貸し出しデータ、予約の入っている件数、世間で話題になり利用者が興味を持ちそうな情報、書評での本の評価、リクエストがかかっているジャンル等など、全てのデータを参考にし、限られた予算でなるべく多くの利用者がなるべく満足できるような本を選ぶのが一般的である。学校図書館という現場においては、これに加えて、児童・生徒にどのような能力、または感性を身に着けてほし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。