大阪芸術大学通教西洋音楽の歴史と理論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数582
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    西洋音楽の歴史と理論のレポートです。バロック時代について記述しB判定でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    西洋音楽の歴史と理論
                 
    課題
    B
    選択した時代:バロック時代
    参考文献
    皆川達夫(
    1972
    )『バロック音楽』講談社
    礒山雅(
    1989
    )『バロック音楽 豊かなる生のドラマ』日本放送出版教会
    戸口幸策(
    2006
    )『オペラの誕生』平凡社
    亀井高孝・三上次男・林健太郎・堀米庸三(
    1995
    )『世界史年表・地図』吉川弘文

    近藤和彦・長谷川幸恵(
    2002
    )『世界の歴史⑩ルイ
    14
    世とマリア=テレジア』
    図書印刷株式会社
    1
    課題B ルネサンス、バロック、古典派、ロマン派(
    19
    世紀)または
    20
    世紀のうちの
    1

    代を取り上げ、その時代の概観を
    3
    種類以上の文献を参照してまとめてください。
    「バロックについて」
    時代
     バロック時代とは
    17
    世紀頃から
    18
    世紀中頃までのことを指す。バロックという言葉の語
    源は必ずしも明らかではないが、一説では「歪んだ真珠」を意味するポルトガル語
    Barocco
    という単語が由来であるとされている。また、一説では論理学で三段論法の薦め
    方のうち、無意味で煩瑣な形式をバロコと呼んだことに由来するともさ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。