「介護実践の構造と専門性」

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数343
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    介護実践の構造と専門性のレポートです(1,600字以内)。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1 はじめに
     介護保険制度が2000年に開始され、様々な職種・サービス提供業者などが誕生した。代表的なものとしては、ケアマネジャーやヘルパーで、デイサービスは街の様々なところでみかけるようになった。それは、少子高齢化が進んできたことのあらわれであろう。少子化に伴い親の介護が難しくなり、親の介護を社会全体で支えないといけない状況となっている。
     そこで、今後重要な社会問題である介護実践の構造と専門性について述べていく。
    2 介護実践の構造について
     介護の定義としては、「高齢者・病人などを介抱し、日常生活を助けること」1)と一般的されているものの、社会的に承認されるほどの共通した定義は確立されていない。人間が生きていく中で加齢とともに生活能力が低下していくのはやむを得ないことであり、高齢者とのかかわりのなかで介護は実践されている。
    介護実践の構造としては、①利用者と環境の相互作用、②介護計画に基づく総合的援助、③目標指向型の介護過程の展開の3層から成り立っている。①利用者と環境の相互作用とは、ケアワーカーは利用者からみると環境の一部であると同時に、チームケアの一員であるため、利用者の環..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。