高齢者に対する支援と介護保険制度

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数769
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    高齢者に対する支援と介護保険制度のレポートです(1,600字以内)。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1 高齢者にみられる認知症について
     認知症とは、個人のそれまでに発達した知能が、脳の後天的障害により持続的かつ比較的短期間のうちに低下し、日常生活に支障をきたすようになること1)である。我が国における高齢期の認知症は、欧米と比べて血管性認知症の割合が多いことが特徴であったが、
    近年は脳血管性障害の予防が進み、その分アルツハイマー病の割合が増えてきている。高齢期の認知症の一般的特徴として、記銘力・記憶力の障害を中心に見当識障害、計算力、理解力、判断力の低下など知能機能が低下し、そのために日常生活における活動に支障がみられるという点は共通している。認知症の原因となる疾患となるには、初期に診断し治療を行うことにより、治癒が可能となる場合がある。認知症の早期発見が介護者の生活に質の維持につながってくる。
    2 認知症高齢者の介護について
     認知症をもつ人のケアは、医学的視点からの診断や治療と同時に、独自のケアの視点からの理解や支援が求められる。ケアの視点には、認知症をもって生きる人に注目し、その人自身のもつ力や積極的側面、その心理状態に常に配慮することが大切になる。また、認知症の診断や病気の説..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。