社会福祉法における社会福祉の規定について

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数462
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉法における社会福祉の規定について のレポートです。評価は優でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1 はじめに
     2000年(平成12年)、社会福祉基礎構造改革により、社会福祉事業法が社会福祉法として改正された。社会福祉は、第2次世界大戦後の生活困窮者への対応など、ナショナル・ミニマムの保障を主な課題された。しかし、現代では社会福祉が広く国民全体を対象とし、多様なニーズに対応することが求められた。   
    社会福祉基礎構造改革は、少子高齢化を背景に、福祉行政の基本的な仕組みを見直すために実施された。利用者のニーズは多様化している。そのニーズに対応するためには担い手側も変化が求められる。
     本稿では、社会福祉法における社会福祉の規定をもとに、社会福祉の担い手について述べていきたい。
    2 社会福..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。