【2016】【明星大学】【社会・地理歴史科教育法2】合格レポート(1.2単位目)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数172
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2016年度の明星大学 教育学部 通信教育課程における、レポート課題の合格レポートです。特に指摘もなく、高評価で1回目で「合格」の評価をいただきました。皆様のお役に立てれば幸いです。

    また、本科目の科目終了試験の過去問と回答例も別データで販売しております。科目終了試験を受ける方、レポートに一工夫を加えたい方は参考にしていただければ幸いです。

    ● 【過去問】と【合格レポート】 まとめブログ : http://ameblo.jp/meiseitarou/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【課題】
    ①地理歴史科教育の意義と課題について自らの考えも含めて述べよ。
    ②地理科教育、または歴史科教育の内容構成の類型について述べよ。
    地理・日本史・世界史のひとつを選択し、中学校社会科または高等学校地歴科について、具体的な学習内容を想定しながら学習指導・授業計画を立てよ。
     【本文】
    地理や歴史という教科をなぜ学ぶ必要があるのかという生徒の問い対する答えこそが、地理歴史教育の意義である。学習指導要領を見ると教科の目標が書かれている。しかしその文言をそのまま伝えるだけでは、おそらく多くの生徒たちは理解も納得もしないだろう。教師はその意義を真剣に考え、生徒に納得される答えを自らの言葉として語る必要がある。ここではテキストをまとめるとともに、自らの考えを述べたい。
    地理や歴史を学ぶ意義は大きく3つが書かれている。一つは「教養」としての社会科。だれもが生活上で関連する領域に関して知っているべきものとして、地理や歴史が客観的に存在してそれを教えるということである。しかしこの考え方は「なぜそれが私たちに必要なのか」という反論に対しての回答にはならない。これに対してあげられるのが二つ目の「現..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。