【2014】【明星大学】【人文地理学】合格レポート(1.2単位目)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,053
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2014年度の明星大学 教育学部 通信教育課程における、レポート課題の合格レポートです。特に指摘もなく、高評価で1回目で「合格」の評価をいただきました。皆様のお役に立てれば幸いです。

    また、本科目の科目終了試験の過去問と回答例も別データで販売しております。科目終了試験を受ける方、レポートに一工夫を加えたい方は参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (課題1単位目)
    教科書の第1章「地理学の歩み」を節ごとに要約しなさい。
    なお、3節の「地理学の概念」については、(1)分布から(7)景観までの地理学的概念について、それぞれを要約して記述しなさい。
    地理学は、古くから多くの地誌書にかかわり、測量学、地理学、地名学、地誌学など、時には植民地支配のための地域調査学を成立させてきた。地球上の多様な情報を整理し、記述し、表現し、社会に対して有用な情報を伝達する重要な役割を果たしてきたのである。地球に関する知識の整理・表現学としての地理学の重要性は、情報社会といわれ現代において一層高まっている。また、地理学は長い間、学校教育における社会科地理の存在に支えられてきた。地理教育は地理学の研究を支える基盤として重要な役割を果たしており、学校教育における地理教育の体系と教材開発手法を提示し、これからの教育に貢献することが求められている。
     地球上のあらゆる場所は、自然的にも社会的にも違いがあり、地図上における地形・気候・土壌・植生・資源等の自然的な条件や人類の歴史の中で形成された文化や社会組織等の人文・社会的条件を地理的条件と呼ぶ。地理学は、この生成..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。