【2014】【明星大学】【地理学入門】合格レポート(1.2単位目)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,175
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2014年度の明星大学 教育学部 通信教育課程における、レポート課題の合格レポートです。特に指摘もなく、高評価で1回目で「合格」の評価をいただきました。皆様のお役に立てれば幸いです。

    また、本科目の科目終了試験の過去問と回答例も別データで販売しております。科目終了試験を受ける方、レポートに一工夫を加えたい方は参考にしていただければ幸いです。

    ● 【過去問】と【合格レポート】 まとめブログ : http://ameblo.jp/meiseitarou/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (課題1単位目)
    1.世界の気候、地形、植生、土壌について、それぞれの関連性を踏まえながら論じなさい。
    2.熱帯地域、砂漠地域、地中海森林地域、温帯草原地域、温帯混合林地域、ツンドラ地域と氷雪地域、山地地域のうち、いずれか1地域を選び、その地域で生じている自然と人間の諸相について論じなさい。
    (課題2単位目)
    1.世界の環境問題について、地理学的な視点から論じなさい。
    2.本科目で取得した地理学の知見と考え方について、地理教育と関連させながら、自らの所見を述
    べなさい。
    人間にとって自然環境との関わり合いはとても重要であり、相互に作用しあっており、人間集団はそれぞれ地表の自然の一部を占拠し、そこで生活を繰り広げてきた。世界の人々が住む地域の気候や地形、植生、土壌などの自然条件はそれぞれ異なるが、地域の自然環境をうまく取り入れることでその地域固有の生活を行うことができるのである。
    そのため、人間は自然環境について検討する必要があると考える。
     気候は大気の現象を統合した結果である、観測された気象要素を統合した気候要素によって表現される。また、気候は緯度・水陸分布・地形・高度などの場所..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。