【2014】【明星大学】【政治学概論2】合格レポート(1.2単位目)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数583
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2014年度の明星大学 教育学部 通信教育課程における、レポート課題の合格レポートです。特に指摘もなく、高評価で1回目で「合格」の評価をいただきました。皆様のお役に立てれば幸いです。

    【課題】
    1.国際レジームの形成・存続について、どのような理論的見方があるか、説明せよ。
    2.対外政策決定に関するアリソン・モデルについて説明せよ。
    3.古代の民主政と近代以降の民主政を比較して論じよ。
    2 単位目
    1.日本において無党派層が増大していることの政治的意味を考察せよ。
    2.世論とは何か、また世論の形成にメディアはどの程度、影響力をもっているのか、論じよ。
    3.選挙制度にはどのようなものがあるか、類型化して説明せよ。

    また、本科目の科目終了試験の過去問と回答例も別データで販売しております。科目終了試験を受ける方、レポートに一工夫を加えたい方は参考にしていただければ幸いです。

    ● 【過去問】と【合格レポート】 まとめブログ : http://ameblo.jp/meiseitarou/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【課題】
    1.国際レジームの形成・存続について、どのような理論的見方があるか、説明せよ。
    2.対外政策決定に関するアリソン・モデルについて説明せよ。
    3.古代の民主政と近代以降の民主政を比較して論じよ。
    2 単位目
    1.日本において無党派層が増大していることの政治的意味を考察せよ。
    2.世論とは何か、また世論の形成にメディアはどの程度、影響力をもっているのか、論じよ。
    3.選挙制度にはどのようなものがあるか、類型化して説明せよ。
    【本文】
    1単位目
    政治学概論2
    1単位目
    課題①
    国際レジームは「国際関係における特定の政策領域において国々の期待が収斂するような明示的または暗黙的な原則、規範、規則、および意思決定手続きの総体」と定義される。この国際レジームの形成、存続に関して大きくわけ三つの見方がある。
     一つはネオ・リアリズムである。これは国際システムの構造を重視する考え方である。覇権安定論が国際レジームの存在を軍事的にも経済的にも超大国でリーダーシップもある覇権国の存在と結びつけて説明しており、覇権国の選好に合致し国際レジームが形成され、覇権国が支持している限り国際レジー..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。