【2012】【明星大学】【障害児教育概論2】合格レポート(1単位目)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数638
ダウンロード数36
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2012年度の明星大学 教育学部 通信教育課程における、レポート課題の合格レポートです。特に指摘もなく、高評価で1回目で「合格」の評価をいただきました。皆様のお役に立てれば幸いです。

    また、本科目の科目終了試験の過去問と回答例も別データで販売しております。科目終了試験を受ける方、レポートに一工夫を加えたい方は参考にしていただければ幸いです。

    ※ 2012年度のレポート課題と、2013、2014年度のレポート課題は、本科目に関しては、まったく同じ課題です。2013年度、2014年度のレポート課題に取り組んでいる方も安心してダウンロードください。

    【課題】
    1.知的障害及び知的障害を伴う非高機能自閉症の認知・心理特性とそれらを踏まえた指導上の工
    夫について述べよ。
      (テキスト第6、8章参照)
    2.LD、ADHD、高機能自閉症等の心理特性とそれらを踏まえた指導上の工夫について論ぜよ。
      (テキスト第9章参照)

    ● 【過去問】と【合格レポート】 まとめブログ : http://ameblo.jp/meiseitarou/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【課題】
    1.知的障害及び知的障害を伴う非高機能自閉症の認知・心理特性とそれらを踏まえた指導上の工夫について述べよ。
    (テキスト第6、8章参照) 1単位目
    2.LD、ADHD、高機能自閉症等の心理特性とそれらを踏まえた指導上の工夫について論ぜよ。
    (テキスト第9章参照) 
    【本文】
       知的障害は、アメリカ精神遅滞学会(AAMR)の第10版(2002)で、「知的障害とは、知的機能と及び適応行動(概念的、社会的および実用的な的なスキルで表される)の双方の明らかな制約によって特徴づけられる能力障害である。この障害は18歳までに生じる。」と示されている。
     精神年齢(MA)と暦年齢(CA)を比較して子どもの知能の高低や遅速を示す尺度である知能指数(IQ)は、平均的な発達の子どもでは100前後となるが、知的発達の遅れている子どもは100よりも低い。これは、知的障害の心理特性である精神年齢が低いことが原因であり、それによって指数が低くなる。
     指導上の工夫として、断続的な支援、限定的な支援、広範囲的な支援、広汎な支援という4つが大切である。これは、知的障害の人の日常生活における活動の制限..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。