【2012】【明星大学】【障害児教育概論1】合格レポート(2単位目)

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数4
閲覧数798
ダウンロード数70
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2012年度の明星大学 教育学部 通信教育課程における、レポート課題の合格レポートです。特に指摘もなく、高評価で1回目で「合格」の評価をいただきました。皆様のお役に立てれば幸いです。

    また、本科目の科目終了試験の過去問と回答例も別データで販売しております。科目終了試験を受ける方、レポートに一工夫を加えたい方は参考にしていただければ幸いです。

    【課題】
    1.聴覚障害における聴覚口話、手話・指文字の長所、短所、両者を補完する方法について述べよ。
      (テキスト第1、3章参照)
    2.運動障害(肢体不自由)児及び病弱虚弱児の特性と教育方法について概説せよ。
      (テキスト第5、7章参照)

    ● 【過去問】と【合格レポート】 まとめブログ : http://ameblo.jp/meiseitarou/

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    【課題】
    1.聴覚障害における聴覚口話、手話・指文字の長所、短所、両者を補完する方法について述べよ。
    (テキスト第1、3章参照)
    2.運動障害(肢体不自由)児及び病弱虚弱児の特性と教育方法について概説せよ。
    (テキスト第5、7章参照)
     【本文】
      聴覚口話は、聴者、聴覚障害者の双方が、口をはっきり開けて声を出し、音声を聞き、口形を読み取る(読話)という方法である。
     聴覚口話の最大の長所は、進学や就職で有利なことである。職場での良好な人間関係に不可欠な挨拶などの基本的なマナー、円滑なコミュニケーションは、口話法が望ましい。手話を知らない多数の人と接するところでは非常に有効である。
     しかし、聴覚障害を持っている子どもたちの能力の差は大きく、中等部や高等部の生徒でさえ、読書力のレベルは小学校3、4年生といわれている。高度な言葉を駆使する会話の習得には時間がかかり、子どもたちの負担は大きい。たとえ訓練によって言語を習得したとしても意味や感情を伴わなければ気持ちも通じにくい。このような現状から、聴覚口話は、豊かな語彙と思考の発達のために必要であるといいながら、それが伴わない場合には、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。