【2012】【明星大学】【特別支援教育実習】合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,036
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    012年度の明星大学 教育学部 通信教育課程における、レポート課題の合格レポートです。特に指摘もなく、高評価で1回目で「合格」の評価をいただきました。皆様のお役に立てれば幸いです。

    また、本科目の科目終了試験の過去問と回答例も別データで販売しております。科目終了試験を受ける方、レポートに一工夫を加えたい方は参考にしていただければ幸いです。

    ● 【過去問】と【合格レポート】 まとめブログ : http://ameblo.jp/meiseitarou/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     1、特別支援学校における指導の特徴を、①内容、②方法、③環境に留意して述べる。 まず①指導の内容について述べる。特別支援学校の指導の内容の特徴は、領域・教科等を合わせた指導の自立活動があることである。自立活動によって、障害による困難を改善・克服することを目指す。その内容は、日常生活の指導、遊びの指導、生活単元学習と作業学習の四つがある。日常生活の指導は、排泄、洗面、きまりの理解、言葉遣いなどの基本的な生活指導を行い、生活の流れに沿って、実際的な状況で指導することが特徴である。遊びの指導は、遊びの指導は,遊びを学習活動の中心に据えて,身体活動を活発にし,仲間とのかかわりを促し,意欲的な活動を育てていくものである。 生活単元学習は生活上の課題処理や問題解決のための一連の目的活動を組織的に経験することによって,自立的な生活に必要な事柄を実際的・総合的に学習するものである。作業学習は、働く意欲を培い、将来の職業生活や自立を目指して、まわりとのコミュニケーションを図りながら生活力を高める事を目的とする。また、児童の担任の先生は個に応じた教育を行うために、様々な関係機関と連携しながら個別の教育支..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。