【2012】【明星大学】【聴覚障害者の指導法】合格レポート※2015年度も同一課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,332
ダウンロード数35
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    012年度の明星大学 教育学部 通信教育課程における、レポート課題の合格レポートです。特に指摘もなく、高評価で1回目で「合格」の評価をいただきました。皆様のお役に立てれば幸いです。

    また、本科目の科目終了試験の過去問と回答例も別データで販売しております。科目終了試験を受ける方、レポートに一工夫を加えたい方は参考にしていただければ幸いです。

    【課題】
    聴覚に障害のある児童生徒の学習場面において、教師が配慮しなければならない指導上の配慮事
    項について説明せよ。

    ※ 2012年度のレポート課題と、2013、2014年度のレポート課題は、本科目に関しては、ほぼ同じ課題です。2013年度、2014年度のレポート課題に取り組んでいる方も安心してダウンロードください。

    ● 【過去問】と【合格レポート】 まとめブログ : http://ameblo.jp/meiseitarou/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    聴覚障害者の指導法
    聴覚に障害がある生徒児童の学習場面において、教師が配慮しなければならない指導上の配慮事項にはどのようなものがあるだろうか。
    まず、指導する上で聴覚障害児の実態把握に努めらければならない。聴覚障害の原因、部位、程度などの基本的な理解をすることが大切である。さらに、検査の結果による判断の基準と聴力レベル、どのような養育環境であったか、また、補聴器をはじめとする聴覚補償機器についての知識や操作・調整についての知識も必要になるだろう。聴覚障害者は音に依存するコミュニケーションの発達が困難な場合が多い。そのため、音や音声をコミュニケーションに用いる意欲が低下することがある。学校での配慮も当然だが、家庭や地域におけるコミュニケーションの実態についても十分に配慮した教育的対応が望まれる。加えて、障害についての理解を自分自身も当然ながら、周囲の人々に理解してもらうことが大切になると考えられる。
    では、学校教育ではどのような配慮が必要なのだろうか。聴覚障害を持つ児童生徒はそれぞれ小学部・中学部の教科の目標、各学年の目標および内容並びに指導計画の作成と各学年にわたる内容の取扱いについて..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。