■【2013】【明星大学】【視覚障害者の心理・生理・病理】過去問と回答例

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数11
閲覧数548
ダウンロード数59
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2013年度、明星大学 教育学部 通信課程において、科目終了試験に出題された問題の一覧、およびその回答例、ヒント集です。2013年4月~2013年10月の間に行われた科目終了試験において、全国(すべての試験会場)の試験問題が網羅されております。(問題数が膨大でないのは、出るパターンが決まっているからです。本資料以外の問題は2013年度は出題されておりません)
    2013年度の試験問題は2012年度の試験問題と重複する部分が多かったため、2014年度以降の科目終了試験においても、2013年度の試験問題は役に立つかと思います。
    全国の明星通信生の方のご協力により本資料を作る事ができました。ここでお礼を申し上げるとともに、これから試験を受ける皆様のお役にたてれば幸いです。
    また、試験対策だけでなく、レポート作成の際にも、記載させていただいている回答例、ヒント集はお役に立つかと思います。レポート作成の前にダウンロードすると、レポート作成作業がはかどると思います。

    ● 【過去問】と【合格レポート】 まとめブログ : http://ameblo.jp/meiseitarou/

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )


    ●視力障害について述べよ。

    ア 視覚障害の概要
    視覚障害とは,視機能の永続的低下の総称である。視機能が低下していても,それが短
    期間に回復する場合は視覚障害とはいわない。視機能には,視力,視野,色覚,光覚など
    の各種機能がある。したがって,視覚障害とは,視力障害,視野障害,色覚障害,光覚障
    害(明順応障害,暗順応障害)などをいう。
    教育上特別な支援や配慮を必要とする視覚障害には,次のような条件が伴うことに留意
    する必要がある。
    (ア) 両眼ともに視機能が低下していること
    片眼だけに視機能の低下がある場合には,視覚障害とはいわない。片眼が見えなければ
    遠近感覚がないなどの不自由はあるが,見える方の眼を使うことによって,教育上特別な
    取扱いを要するほどの支障を伴わないからである。したがって,片眼が全く見えない場合
    であっても,他眼に視機能の低下がなければ視覚障害ではない。これは,福祉や労働の分
    野においても同様である。
    (イ) 現状以上の視機能の回復が望めないこと
    例えば,先天白内障の場合,手術によって視力は回復する。このように,医療によって
    回復す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。