【2012】【明星大学】【特別支援学校教育課程論】 合格レポート1単位※2015年度も同一課題

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数10
閲覧数1,053
ダウンロード数84
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    2012年度の明星大学 教育学部 通信教育課程における、レポート課題の合格レポートです。特に指摘もなく、高評価で1回目で「合格」の評価をいただきました。皆様のお役に立てれば幸いです。

    【課題】
    1.特別支援学校新学習指導要領の基本的な考え方と主な改善事項について述べよ。 2.特別支援学校新学習指導要領における自立活動の定義と領域内容について概説せよ

    ※ 2012年度のレポート課題と、2013、2014年度のレポート課題は、本科目に関しては、まったく同じ課題です。2013年度、2014年度のレポート課題に取り組んでいる方も安心してダウンロードください。

    ● 【過去問】と【合格レポート】 まとめブログ : http://ameblo.jp/meiseitarou/

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    (1)特別支援学校新学習指導要領の基本的な考え方は以下の3つである。
    ①教育基本法改正等で明確となった教育の理念を踏まえ「生きる力」を育成することである。
    ②知識・技能の習得と思考力・判断力・表現力等の育成のバランスを重視することである。
    ③道徳教育や体育などの充実により、豊かな心や健やかな体を育成することである。
    ※「生きる力」=知・徳・体のバランスのとれた力
    変化の激しいこれからの社会を生きるために、確かな学力、豊かな心、健やかな体の知・徳・体をバランスよく育てることが大切です。
    これら三点の基本方針に基づき、幼稚園、小学校、中学校及び高等学校の教育課程の改善に準じた改善が図られた。また、社会の変化や幼児児童生徒の障害の重度・重複化、多様化に対応し、障害のある子ども一人一人の教育的ニーズに応じた適切な教育や、医療、福祉などの関係機関と連携した支援を充実させる事が重要である。
    ※この「特別な教育的ニーズ」は、1981年教育法によって、診断された障害についてではなく、教育的援助について言及する教育学的な概念とされた。そしてこの概念は、学習における困難さ(a learning diffi..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。