臨床心理学 設題①【レポート】 「臨床心理学における人間理解の必要性および面接場面における留意点について述べよ」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数381
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    皆様のお力になれるかと思います。

    レポートなど資料作成する際の、ご参考としてご活用ください♪

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「臨床心理学における人間理解の必要性および面接場面における留意点について述べよ。」
     1.臨床心理学とは
     臨床心理学とは、心理的に不健康な面、すなわち問題行動をもつクライエント(来談者)をより健康な方向に導くために、心理学並びに関連諸科学の知見と方法を用いて専門的に援助を行なう応用心理学の一分野である。そして、広い意味での心理学の知識と技術を用いて行なう体系的な専門的援助である。
     その対象となるのは人々のこころであり、個人や集団の心理的な苦しみや悩み、不幸や不安を感じ、行動面でも首尾よく過ごせないで不適応に陥っている状態の人々である。そのような困っている人に対して、面接によって相手を理解し、援助の手を差し伸べることが臨床心理学の中心課題になる。
     2.面接とは
     面接とは、目的をもって人と会うことであり、どのような場であっても、クライエントと面接者が初めて出会う関係から始まる。面接者が対象に対して行うのは、心の不健康・不適応・障害そのものではなく、それらに陥って悩み苦しんでいる人間そのものである。幼児であろうが大人であろうが、その区別はなく、このような個人は有機体であり、意識・個..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。