養護原理 設題②【レポート】 「施設で用いられる個別援助技術(ケースワーク)について」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数362
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    皆様のお力になれるかと思います。

    レポートなど資料作成する際の、ご参考としてご活用ください♪

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「施設で用いられる個別援助技術(ケースワーク)について述べよ。」
     ケースワークはソーシャルワークと総称される援助技術の1つであり、個別援助技術とされる。ケースワークは、施設・在宅等の社会生活をおくるうえで身体的、精神的、社会、経済、文化的要因によって何らかの解決を必要とする生活課題に直面している個人・家族に対して、その問題解決及び課題遂行を援助するために専門職者によって用いられる技術である。
     ケースワークの援助では、①利用者、②ワーカー、③ケースワークの目標、④ケースワーク関係、⑤社会資源、の5つのシステム間の相互作用を用いる援助をクライエントの主体性を尊重しながら行う。
     また、援助者であるケースワーカーには、具体的ケースについての援助目標・援助期間・援助方法の組み合わせを含めた意識的調整過程としての一定の見通しを立てる力、統制された受容的・共感的関与を可能にするような自己覚知・自己洞察の力、秘密保持・人権尊重を柱とする職業倫理の実践、といった諸原則に裏づけられた面接を主な手段としてケースワークを展開することが求められる。
     そして、ケースワークの援助にあたっては、以下に述べる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。