教育心理学 設題①【レポート】 『子どもの「個人差」について述べよ』

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数748
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    皆様のお力になれるかと思います。

    レポートなど資料作成する際の、ご参考としてご活用ください♪

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     『子どもの「個人差」について述べよ。』
    Ⅰ.個人差とは
     「個人差」とは、一人一人の人の心的・身体的特性の差異のことである。個人差は生誕間もない赤ちゃんから高齢者に至るまで全ての人が持ち合わせている。
     子どもも、一人一人異なる資質・特性を持っており、子どもの生育環境がその成長に対して大きく影響する。これまでに、どのような生活や経験をしてきたかなどによって、一人一人の子どもの環境の受け止め方や、環境への関わり方は異なってくる。
    そのなかでも乳幼児期は、たとえ同じ年齢や月齢でも、興味や関心は様々となっており、身体の特性や発達の足取りなどによる、個人差は大変大きくなっている。
     このように発達を規定する要因には「遺伝」と「環境」があり、発達は、この両要因の相互作用により進展する。
    Ⅱ.知能・遺伝・環境・性格と個人差
    (1 )知能
    <知能>
     知能は、知的な活動をする際に役立つ頭の働きの程度を意味しており、学習する力とも相関している。
     知能には個人差があり、それぞれの子どもに特徴が見られる。知能検査では、知能を構成していると考えられる基本的な要因を抽出し、それを捉える具体的な操作を決め、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。