生活【レポート】B+判定 「幼児教育の基本と、教科「生活」の目標や内容との関連や連続について具体的に考察せよ」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数420
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【B+判定】をいただいております。B+判定はA判定の次点です。

    教員の評価にも高評価の所見をいただいております。

    皆様のお力になれる資料かと思います。
    レポートなど資料作成する際の、ご参考としてご活用ください♪

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     『幼児教育の基本と、教科「生活」の目標や内容との関連や連続について具体的に考察せよ。』
     1.幼児保育の基本
    幼児期は、心身の発育・発達が著しく、人格の基礎が形成される時期である。まず、幼児保育を行うに当たり理解し、留意すべき事項として、以下の6つが挙げられる。
    ①人への信頼感が育つ時期であること: 子どもは周囲の大人から人間として尊重され、愛されることで人への信頼感を育んでいく。
    ②周囲の環境に関わることが大切であること:子どもの発育にとって、自発的、主体的に周囲の環境と関わることが重要である。
    ③子ども同士の関わりが大切であること: 子どもは、他の子どもとの関わり合いの中で、身体的・知的な発達と共に、情緒的、社会的及び道徳的な発達が促される。
    ④発達には個人差があること:乳幼児期は、心身の発達の個人差が大きく、十分な配慮が必要である。
    ⑤子どもは遊びを通して育つこと:子どもは遊びを通して、仲間との関係を育み、個としても成長するものである。
    ⑥生きる力の基礎を養う時期であること: 乳幼児期は、多様な経験を通して、生涯にわたって生きていくために必要な力を培う時期である。
    また、幼稚園..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。