社会福祉原論 設題①【レポート】B+判定 「福祉国家の思想と原理について述べよ」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数428
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【B+判定】をいただいております。B+判定はA判定の次点です。

    教員の評価にも、「設題に対してよく記述されています。」と高評価の所見をいただいております。

    皆様のお力になれる資料かと思います。
    レポートなど資料作成する際の、ご参考としてご活用ください♪

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「福祉国家の思想と原理について述べよ。」
    福祉国家とは、社会保障政策(所得保障、医療保障、社会福祉サービスなど)と完全雇用を基本的な政策としての実施を行う。また、ケインズ理論に基づいた混合経済体制のもとで、国家が積極的に社会に介入していくことにより、資本主義経済が構造的に生み出す社会問題に取り組むことを目的とした国家・国家体制のことである。
     そして、この福祉国家の「基礎」とされるものは、社会保障制度の構築である。また、福祉国家の「思想」とは、社会保障制度を国家の義務として実践することであり、福祉国家の「原理」とは、国民の最低生活の保障を国家の責任として実行することである。
     過去の歴史においては、イギリスが世界最初の福祉国家と言われており、このイギリスの取り組みに、福祉国家の思想と原理が現れている。まず、このイギリスの取り組みから福祉国家のあゆみを見てみよう。
    イギリスでは、国民生活の一般的困窮状況の中で個々人の努力ではどうすることもできない一般的生活水準の向上と、すべての国民にできる限りの快適な生活を保障するために、第2次世界大戦の戦時中である、1942年に『ベヴァリッジ報告』を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。