音楽科指導法【レポート】B+判定 「小学校における歌唱指導について述べよ」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数467
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【B+判定】をいただいております。B+判定はA判定の次点です。

    教員の評価にも、「小学校の歌唱指導について、学習指導要領から読み取れる教師に求められていること6項目、そして、学年に応じた歌唱指導、変声期・苦手意識の強い児童への指導、という適切な項立てにより、大変わかりやすく論述できました。」と高評価の所見をいただいております。

    皆様のお力になれる資料かと思います。
    レポートなど資料作成する際の、ご参考としてご活用ください♪

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「小学校における歌唱指導について述べよ。」
     Ⅰ.平成20年告示の学習指導要領
    平成20年3月、新小・中学校学習指導要領が告示された。小学校学習指導要領において音楽科の目標は「表現及び鑑賞の活動を通して、音楽を愛好する心情と音楽に対する感性を育てるとともに、音楽活動の基礎的な能力を培い、豊かな情操を養う。」と述べられている。内容は、これまでと同じく表現及び鑑賞の2領域で構成されており、表現及び鑑賞に関する能力を育成する際の共通の指導事項である〔共通事項〕を新設している。また、表現領域は歌唱・器楽・音楽づくりの3分野で示されている。
    学習指導要領においては、教師が児童に何をさせるべきかが中心に述べられており、教師の指導能力については直接触れられていない。しかし、児童が前述した音楽科の目標を達成し、音楽を心から楽しむことは教師の指導によって実現される。つまり、学習指導要領では教師が何をすべきかが間接的に示されているともいえる。ここで初等科音楽教育法で述べられている、歌唱指導で教師に求められていることを基に学習指導要領をまとめる。
    ①範唱の能力と階名の理解
    学習指導要領において「(児童は)..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。