音楽Ⅱ【レポート】B+判定 「保育・教育等の現場における音楽活動がなぜ必要なのかを述べよ」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数592
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【B+判定】をいただいております。B+判定はA判定の次点です。

    教員の評価にも、「各項目ごと、よくまとめられていて、文章構成、論理展開に於いても申し分ないです。特に自身の言葉でしっかり考察されている点はすばらしいです。」と高評価の所見をいただいております。

    皆様のお力になれる資料かと思います。
    レポートなど資料作成する際の、ご参考としてご活用ください♪

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「保育・教育等の現場における音楽活動がなぜ必要なのかを述べよ。」
     まず、音楽指導の際に必要とされる事項(音楽理論・発達段階・年齢区分・行事との関連)についてまとめる。
     『音楽理論』:音楽理論の指導は、子どもの創造的な音楽表現を助け、好ましい鑑賞や演奏の素地を培うために行うものである。したがって、それらの指導が、音楽の実体を離れて、単なる法則や知識の記憶に終らないようにしなければならない。常に、音楽そのものに密接に結びつき、演奏・鑑賞・創作などと関連し合いながら取り扱われることが大切である。
     「楽譜」の学習では、次のような知識や理解事項を身につけるとともに、それらの書き方や読み方を習熟させることが必要である。
     ①音楽に使う音には、どのようなものがあるか。②音の高さは、どのように書き表すか。③高さの変化は、どのように書き表すか。④音の長さは、どのように書き表すか。⑤リズムとは、どんなもので、どのように書き表すか。⑥拍子とは、どんなもので、どのように書き表すか。⑦音楽において、速度はどのような意味をもち、どのように書き表すか。⑧さまざまな表情の変化は、どのように書き表すか。(強さに..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。