ソーシャルワークⅠ設題②【レポート】B+判定 「ソーシャルワークの理念について述べよ」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数467
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【B+判定】をいただいております。B+判定はA判定の次点です。

    教員の評価にも、「設題ポイントをきちんと把握しながら論述しており、充分な学習のあとが感じられます。」と高評価の所見をいただいております。

    皆様のお力になれる資料かと思います。
    レポートなど資料作成する際の、ご参考としてご活用ください♪



    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      「ソーシャルワークの理念について述べよ。」
     【ソーシャルワーク実践と価値】
     ソーシャルワークにおいての価値とは、一般的に、ソーシャルワーカーが実践において遵守すべき一連の根本的な道徳的・倫理的原則を意味する。ここでいう価値には、職業倫理の基準として倫理綱領が反映されている。つまり人権尊重と人権擁護の視点が重視されているということである。基本的人権といえば、世界人権宣言や日本国憲法において謳われているように、生命の尊厳、個の尊重、自由の保障等が基本となる。
     日本ソーシャルワーカー協会の「ソーシャルワーカーの倫理綱領」(2005年改定)の中で、ソーシャルワーカーとして持つべき5つの価値を以下のように明言している。
     第1の価値である「人間の尊厳」では、すべての人々を、かけがえのない存在として尊重すること。第2の価値の「社会正義」ではソーシャルワーカーが差別、貧困、抑圧、排除、暴力、環境破壊などによって人々の生活が脅かされることのない社会を目指すこと。第3の価値の「貢献」では人間の尊厳と社会主義という価値の実現を目指すこと。第4の価値の「誠実」ではソーシャルワーカーの、この倫理綱領..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。