死生論【レポート】A判定 「末期ケアの理念や現状を踏まえ、我が国の末期医療がどうあるべきか述べよ」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数615
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【A判定】です!
    教員の評価にも、「大変よくまとめられているレポートです。」と高評価の所見をいただいております。

    皆様のお力になれる資料かと思います。
    レポートなど資料作成する際の、ご参考としてご活用ください♪

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「末期ケアの理念や現状を踏まえ、我が国の末期医療がどうあるべきか述べよ。」
     末期医療(ターミナル・ケア)は、現代の医療では治癒の見込めない終末期にある癌患者などを対象に、全人的な観点に立って痛みの緩和などを中心に行われるケアのことである。末期医療では、痛みなど諸症状のコントロール、不安や恐怖など心理的な苦痛、社会面の問題、霊的な問題の解決が最も重要な課題となる。
     現在、この末期医療における症状のコントロール(緩和医療)や心理的なケアは主にホスピスで行われており、緩和ケア病棟のような病棟単位でも行われるようになってきている。その主な対象者はエイズ罹患者など難病の患者や多くの癌の末期患者であり、心身の緩和医療を受けている。
    この末期医療が行われているホスピスの源流は、古くは修道院などで身寄りのない者や困窮者などに対して行われていた「温かいもてなし」であり、宗教的な背景の下に行われていた。それが、現代の理念である、患者を尊重し最後までその人らしく生きることを支え、より充実した人生を過ごせるよう支援する、と言うように変化して現在に至っている。 ここから、癌について考えてみたい。厚生労働省..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。