特別活動の指導法【レポート】A判定 「特別活動の歴史からみた特質について、小学校、中学校いずれかについてその変遷を

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数471
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【A判定】です!
    教員の評価にも、「設題に対して、よく学習してまとめています。小見出しを付けて分かりやすく書かれていてよいと思います。」と高評価の所見をいただいております。

    皆様のお力になれる資料かと思います。
    レポートなど資料作成する際の、ご参考としてご活用ください♪

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     『特別活動の歴史からみた特質について、小学校、中学校いずれかについてその変遷を概観するとともに、平成20・21年改訂学習指導要領の特別活動に関する「改訂の要点」を述べよ。』
     1.特別活動の特質と変遷
    現在の学校教育で、教科を始めとして体系化されている大部分の領域は、科学的・社会的に評価が定着してから、学習指導要領および教科書などによって学校教育に導入されてきた。道徳も我が国独自の歴史的慣習や風土に加えて、元来は宗教に根源があったが、長い間に日本の国土に定着した行事や教義などを根拠に「人間のあり方」として倫理学的に体系づけられたものが、集約されて目標や指導内容になっている。このように、学校教育では一般に科学が客観的に裏付けられてから、理論も教育的に精選され、教科や道徳の授業内容として実践に移されている。
    これに対して、特別活動は過去にさかのぼると、教科外の活動をほとんど自由研究や実践として行っていたものを特別活動として一括することによって、実践や実態が先行してきた。特に、戦前から重視されていた儀式や集団宿泊も明治時代に始まり、理論が後から付けられたものが多い。このように特別活動は学..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。