道徳教育の研究【レポート】A判定 「道徳教育の要である道徳の時間について、児童の心に響くとともに主題のねらいを達成する

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数422
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【A判定】です!
    教員の評価にも、「設題に対して答えるということをよく意識して内容が構成されています。文章表現、論理展開の面でもすぐれています。」と高評価の所見をいただいております。

    皆様のお力になれる資料かと思います。
    レポートなど資料作成する際の、ご参考としてご活用ください♪

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「道徳教育の要である道徳の時間について、児童の心に響くとともに主題のねらいを達成する内容とするためにはどうすればよいか、学習指導の構想を述べよ。」
    道徳教育の要としての道徳の時間は、学校 の教育活動全体を通じて行う道徳教育を補充・深化・統合する時間であり、年間指導計画に基づき、児童や学級の実態に即し、道徳の時間の特質に基づく適切な指導を展開 していくことが大切である。
    1.道徳の時間の目標
    道徳の時間の目標は、学校の全教育活動 を通じて行う道徳教育と密接な関連を図りながら、計画的、発展的な指導によって、それらを補充・深化・統合し、道徳的価値の自覚 及び自己の生き方についての考えを深め、道徳的実践力を育成することである。
    道徳的価値の自覚については、発達の段階 に応じて多様に考えられるが、例えば、次の3つの事柄を押さえておくことが考えられる。
    ①ねらいとする道徳的価値を理解する。
    ②自分との関わりで道徳的価値を捉える。
    ③道徳的価値を自分なりに発展させていくことへの思いや課題を培う。
    また、道徳的実践力を育てることを目的とする道徳の時間においては、その特質を十分に理解して、教師の一方的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。