総合演習【レポート】A判定 「小児の発育の一般原則と地域(生活環境)差について述べよ」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数593
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【A判定】です!
    教員の評価にも、「小児の発育の一般原則とその生育環境差について論理的に説明できています。段落の使い方もうまく、読みやすいレポートです。」と高評価の所見をいただいております。

    皆様のお力になれる資料かと思います。
    レポートなど資料作成する際の、ご参考としてご活用ください♪

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「小児の発育の一般原則と地域(生育環境)差について述べよ。」
    近年、都市化、少子高齢化、情報化、国際化などによる社会環境や生活環境の急激な変化は、小児の心身の健康にも大きな影響を与えている。学校生活においても生活習慣の乱れ、いじめ・不登校・児童虐待などのメンタルへルスに関する課題、アレルギー疾患、性の問題行動、薬物乱用、感染症など、新たな課題が顕在化している。
     このように、小児の発育は、わが国の中の様々な環境の変化においても大きな影響を受けている。これから、小児の発育の一般原則を踏まえ、様々な地域や環境差について考えてみたい。
     1.発育の一般原則
     子どもの発育には、生物学の一般法則が当てはまり、以下のような原則がある。
     『第1原則』:発育は連続した現象である。原則としてある段階から次の段階に飛躍することはない。
     『第2原則』:発育は秩序正しく、遺伝的に規定された一定の順序で進む。例えば、運動機能は、首座り→お座り→一人立ち→歩行へと進む。
     『第3原則』:発育は身体の各部に均一に起こるのではなく、その速度も一定ではない。一般的に体重や身長は、乳児期に急速に伸び、幼稚園~..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。