授業研究(総合学習含む)【レポート】A判定 「確かな学力」を育てる授業の確立のために必要になる、いくつか(3又は4)の

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数245
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【A判定】です!
    教員の評価にも、「設題に対して、1.子ども理解を深める~などの項目立てにより分かりやすくまとめられています。~より意欲的に学び学力の向上と定着がうかがえる内容のレポートです。」と高評価の所見をいただいております。

    皆様のお力になれる資料かと思います。
    レポートなど資料作成する際の、ご参考としてご活用ください♪

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     『「確かな学力」を育てる授業の確立のために必要になる、いくつか(3又は4)の事項について具体的に考察せよ。』
     近年の教育現場では、情報化やグローバル化、核家族化や少子高齢化など変化の著しい社会に対応するために、学校で学んだ知識のみで社会生活を営むのではなく、子どもたち一人ひとりが自ら個性を発揮し、困難な場面に立ち向かい、未来を切り拓いていく力が求められる。そのために必要であるのは、自ら学び自ら考える力などの「確かな学力」、他人を思いやる心や感動する心などの「豊かな人間性」、たくましく生きるための「健康や体力」などの「生きる力」である。
     子どもたちの「生きる力」は、学校だけでなく、家庭や地域と一緒になって育むものであるが、学校では、これからの生涯学習社会の中で、社会に出た後も生涯学び続けることができる基礎的な資質や能力を育むことを重要視している。
    確かな学力は、この「生きる力」の知的側面である。中央教育審議会答申によると、確かな学力とは、「知識や技能はもちろんのこと、これに加えて、学ぶ意欲や、自分で課題を見付け、自ら学び、主体的に判断し、行動し、よりよく問題を解決する資質や能力等ま..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。