社会【レポート】A判定 「小学校学習指導要領社会の目標・内容の具体化を図る視点・方法について」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数334
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【A判定】です!
    教員の評価にも高評価の所見をいただいております。

    皆様のお力になれる資料かと思います。
    レポートなど資料作成する際の、ご参考としてご活用ください♪

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「小学校学習指導要領社会の目標・内容の具体化を図る視点・方法について、教科書を根拠にしながら具体的に述べよ。」
     Ⅰ.小学校社会科で培う力
     現在、小学校社会科では、知識基盤社会化やグローバル化といわれる社会情勢の中で、広い視野から地域社会や我が国の国土に対する理解を一層深め、日本人としての自覚を持って国際社会で主体的に生きていくための基盤となる知識・技能を身に付けることが重視されている。
    この「広い視野」とは、国土を多面的・多角的に捉えて自分たちとの関わりを考え、世界を概観して地域社会や国土を見ることである。社会的な見方や考え方を養い、身に付けた基礎的・基本的な知識技能を活用し、社会に参画していく力を育てていくためには、「広い視野」に立つことが不可欠である。
    また、「特定の課題に関する調査(社会)調査結果」(国立教育政策研究所 2008年)では、多様な資料の中から問題を発見・把握する力や課題の解策を表現したり、その理由を説明したりすることが不十分という指摘がある。これらの指導の改善の具体策として「地図帳の継続的な使用」「白地図作業など多様な学習活動の工夫」「歴史的事象と結びつけた、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。