音楽【レポート】A判定 「クラシックの代表的作曲家と、クラシック音楽の保育・教育等の現場での活用方法について述べよ」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数728
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【A判定】です!
    教員の評価にも、「よく書けています。」と、高評価の所見をいただいております。

    皆様のお力になれる資料かと思います。
    レポートなど資料作成する際の、ご参考として是非ご活用ください♪

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「クラシックの代表的作曲家と、クラシック音楽の保育・教育等の現場での活用方法について述べよ。」
     【クラシック音楽各時代の特徴と代表的な作曲家】
    「クラシック音楽」は主としてヨーロッパで発展した芸術音楽で、起源は紀元前5世紀から紀元4世紀、古代のギリシャ・ローマ時代までさかのぼる。ピタゴラスもアリストテレスも音楽についての考察を残している。
     クラシックの歴史は音楽の歴史でもあり、その時代背景や音楽様式などで、「中世」「ルネサンス」「バロック」「古典派」「ロマン派」「近現代」と分類することができる。
     ①中世(5・6世紀~1450)
     中世音楽はローマ・カトリック教会の典礼の中で無伴奏で歌われる「グレゴリオ聖歌」から始まる。この時代には、単旋津の歌曲などの世俗音楽が発達し、吟遊詩人のための曲も作られている。また、2つ以上の旋津を同時に進行させるポリフォニーも誕生している。
     《代表的な作曲家》レオナン[レオニヌス](12世紀後半)、ヒルデガルト・フォン・ビンゲン(1098~1179)、ギョーム・ド・マショー(1300頃~1377)
     ②ルネサンス(1450~1600)
     ルネサンス音..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。