【慶應通信】フランス文学 『赤と黒』

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数143
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    スタンダール著『赤と黒』の中で恋愛のテーマがどのように表現されているか、恋愛の諸相について論じている。慶應通信ではフランス文学概説に該当する。約2700文字

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    フランス文学概説 評価A
    はじめに
     フランス文学における恋愛とは「悲恋」である。作品の登場人物たちは理想的な恋愛の成就、理想となることを目的としているが、結果としてその願いは叶わないのである。恋愛の基本が理性的であれ、情熱的であれ、それぞれが死、もしくは死に近しいものとしての結末を迎えるのである。また、姦通やユートピアなどは多くの作品に共通して現れる。
    そこで以下に、スタンダールの『赤と黒』を取り上げ、当時の文学における歴史的背景とあわせて、フランス文学における「恋愛の諸相」について、考察していきたい。
    『赤と黒』の歴史的背景
    『赤と黒』が書かれた19世紀のフランス文学では、恋愛、喜劇、悲劇などがテーマになっている。この時代は、ロマン主義が古典主義を打ち破ろうとする動きが活発であり、社会的には貴族、階級社会に反発するかのように、作家も政治に影響を与える存在であった。
    ロマン主義とは、18世紀末から19世紀初頭にかけてヨーロッパ諸国において展開された文学や芸術、思想などの自由解放を願う文芸運動であり、合理主義社会に対抗して想像力や感性といった抽象的なものの優越を肯定し、古典主義を打ち破..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。