2014_S0538_学校教育課程論(中・高)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数809
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    後記  S0538_学校教育課程論(中・高)

    レポートと最終試験解答案(2014)です。
    最終試験問題がかなり変わっています。
    2014年度で5題は確定ですが、あと一つが分かりません。
    []内の文字は2014年度の冊子の番号です。
    予備で2題設定して 3975字でまとめました。
    6題目が分からないので、過去問から2題予備で設定して文章を作りました。

    4題については、ほとんど共通で
    学習指導要領の総則、その説明、総合的な学習の課題 の流れです。

    一部ページ数が書いているものは教科書引用です。
    ほとんど書いていないのですが、新学習指導要領のホームページの引用です。
    良くまとまっていて参考になると思います。
    http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/index.htm
    ----第1設題----3368字----中学校あるいは高等学校のいずれかの教育課程について、その基準と編成原理、今日的課題についてまとめてください。
    原清治2005「学校教育課程論<第二版>」学文社 ⅰ,ⅱ,2-4,7,9,10,13,17,18,20,21,25,26,28-32,34,37,71-75頁。
    全3975字
    ---title1----[15]--------1273 今回の改訂された新学習指導要領(中学校:2012年、高等学校:2013年施行)の特徴について、中学校あるいは高等学校いずれかについて、具体的に論じなさい。----
    ---title2----[7][20]-----1324 新学習指導要領では「総合的な学習の時間」を削減し、教科時間の増加がはかられている。 その背景について具体的に論述しなさい。----
    ---title3----[24]--------1371 学習指導要領など教育課程の今日的課題について、具体的に論じなさい。
    ---tilte4----[12][18]----1362 中学校あるいは高等学校における教育課程の基準や原則的事項について論じなさい。----
    ---title5----[13]---------847 学習指導要領の変遷を見たとき、1958年の改訂によって学習指導要領の性格は大きく変容した。その内容について、中学あるいは高校を例にしながら述べなさい。
    ---title6----予備--------1016 学習指導要領が新たに改訂された背景として「学力低下」をめぐる問題が指摘される。中学生あるいは高校生にとって求められる学力とは何かについて、新指導要領にそって論じなさい。
    ---title7----予備---------852 新学習指導要領で「基礎基本の確実な定着(つまり基礎学力)」をはかる指導方法にはどんな工夫が必要か。中学校あるいは高等学校における授業を想定して具体的に論じなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )



    後記  S0538_学校教育課程論(中・高)

    レポートと最終試験解答案(2014)です。
    最終試験問題がかなり変わっています。
    2014年度で5題は確定ですが、あと一つが分かりません。
    []内の文字は2014年度の冊子の番号です。
    予備で2題設定して 3975字でまとめました。
    6題目が分からないので、過去問から2題予備で設定して文章を作りました。

    4題については、ほとんど共通で
    学習指導要領の総則、その説明、総合的な学習の課題 の流れです。

    一部ページ数が書いているものは教科書引用です。
    ほとんど書いていないのですが、新学習指導要領のホームページの引用..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。