明星大学 初等理科教育法 1&2単位目合格レポート

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数613
ダウンロード数47
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ご観覧頂きありがとうございます。 明星大学の2014年初等理科教育法 1&2単位目合格レポートです。 良い評価をいただきました。参考になれば幸いです。 よろしくお願いします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 初等理科教育法 1&2単位目 合格レポート 
    2014年度レポート課題
     初等理科教育法 1単位目
    1)「これまでの理科教育の問題点(欠陥)」について、テキストから学んだことをまとめ、それについての私見を述べよ。
    2)「これからの理科教育はどうあるべきか」について、テキストから学んだことをまとめ、それについての私見を述べよ。
    ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    1 今日、子どもたちの理科離れが問題になっているが、これまでの理科教育の問題点についてテキスト「未来の科学教育」から考察する。
     問題と考えられるのは、授業の進め方、指導法である。今日、これまでの理科の授業は教科書に基づいた授業展開で行われ、教師は自分で教案を作り、その教案に従い教師が発問して子どもが応答する形で授業が進められてきた。その際、教師は自分が教えたい内容や正解にうまく誘導していく必要があり、教師主導の授業展開がされていた。そのため,教師は優れた指導力や深い知識の実力が不可欠であるが,現実的にその実力が備わっている教師は多くないため適切な理科教育を行えない問題が生..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。