明星大学 初等生活科教育法 1単位目合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数652
ダウンロード数30
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ご観覧頂きありがとうございます。 明星大学の2014年初等生活科教育法 1単位目合格レポートです。 良い評価をいただきました。参考になれば幸いです。 よろしくお願いします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 初等生活科教育法 1単位目 合格レポート 
    2014年度レポート課題
     初等生活科教育法 1単位目
    1)生活科の指導計画作成上の留意点を述べよ。
    2)第1学年または第2学年における年間指導計画を構想せよ。年間を通していくつかの大単元を構想し、要点を述べること。書く形式は自由とする。なお、想定した地域の都道府県名、市町村名を記すこと。
    ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    1 生活科は小学校低学年の教科として誕生し、「4つの視点」と「自立への基礎を養う」という究極なねらいが掲げられ,それは平成20年の学習指導要領にも受け継がれている。その4つの視点とは,①具体的な活動や体験を通すこと②自分と身近な社会や自然とのかかわりに関心をもつこと③自分自身や自分の生活について考えること④生活上必要な習慣や技能を身につけることである。これらが一体的に実現され,自立への基礎を養うことができる。生活科は他教科と違い活動や体験をベースに学習活動が展開され,子どもの願い-実現活動が行われ膨らむ活動や体験の指導が求められる。単に活動や体験をさせるのではなく,..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。