教育心理学 2単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数484
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ご観覧頂きありがとうございます。 明星大学の2014年教育心理学 2単位目合格レポートです。 良い評価をいただきました。参考になれば幸いです。 よろしくお願いします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 教育心理学 2単位目 合格レポート 
    2014年度レポート課題
    教育心理学 2単位目
    コールバーグの道徳性の発達理論に基づいて、子どもの道徳性の発達について述べなさい。
    ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    2 今日の道徳教育は、人間一般に生まれて後、さまざまな刺激により道徳性は伸長していくと考えられている。日常生活における道徳的価値は経験や習慣を通して獲得されることが多いが、コールバーグは道徳的葛藤による不均衡な状態を思考や推論していくことで道徳性が発達すると考えた。この道徳的葛藤のことを、モラルジレンマという。また、道徳性は、認知能力と役割取得能力が発達するのに伴い、より高次の発達段階へ子どもが到達するとした。認知能力とは、世界を知り、自分と世界との間の適応を図る知的な能力である。役割取得能力とは、自分の考えや気持ちと同等に他者の立場に立ち、気持ちを推し量り、受け入れ、調整し、対人交渉に生かす力である。コールバーグは、ピアジェやデューイの道徳性の発達に対する考えを精査し、三水準六段階の道徳性発達段階を以下のように提唱した。
    Ⅰ...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。