初等教育相談の基礎と方法 2単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数530
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ご観覧頂きありがとうございます。 明星大学の2013・2014年レポート課題、初等教育相談の基礎と方法 2単位目合格レポートです。 課題に沿っていると評価をいただきました。ご参考になれば幸いです。 よろしくお願いします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 初等教育相談の基礎と方法 2単位目 合格レポート
    2013・2014年度レポート課題
    初等教育相談の基礎と方法 2単位目
    1)発達障害のある子ども・発達障害を疑う気になる子どもの理解と教育現場における対応の方法に関して、一つの発達障害を取り上げ、問題行動の捉え方を踏まえつつ述べなさい。
    2)教師として、多様な保護者とのつながりをどのように作っていけばよいかについて述べなさい。
    ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    1 近年の学校現場では、発達障害及びその疑いがある子どもを受け入れた際に生じる様々な問題が取り上げられている。その問題に対応するには、教師はその子どもたちへの理解や対応の方法を知ることである。以下、ADHD(注意欠陥多動性障害)を取り上げ考察する。
     ADHDは、落ち着きがない、集中できない、忘れ物が多い、人付き合いが苦手である、他の児童にちょっかいを出してしまう、行動や動作が乱暴、危険知らずなど、年齢・発達に比べ集中力・注意力が欠け、多動性・衝動性を示す行動障害が特徴である。ADHDの子どもは、ゆく先々で問題を起こし叱ら..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。