児童心理学1・2単位 合格レポートセット

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数319
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ご観覧頂きありがとうございます。 明星大学の2013・2014年レポート課題、児童心理学の1&2単位の合格レポートセットです。 評価は大変良いものでした。ご参考になれば幸いです。 よろしくお願いします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ☆ 明星大学 児童心理学 1&2単位目 合格レポート セット販売 2013年度レポート課題  児童心理学 1単位目 1)子どもの愛着形成について説明しなさい。
    ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
     母親が愛情深く子どもを育てるということは、乳児の発達にとってきわめて重要な意味を持つ。乳児と母親の結びつき、すなわち「愛着(アタッチメント)」はどのように形成されるのであろうか。愛着の形成要因と経過過程、愛着形成が子どもの発達全般とどのような関係性にあるのかを述べる。
     愛着とは、乳幼児が母親など特定の人との間に形成する情愛的な結びつきと定義されている。乳児の欲求に対して、母親が授乳や優しく話しかけたりほほ笑みかけたりする十分なマザーリングは、乳児に快感や安心感を与え乳児の自発的な行動を活性化し探索行動を促進する。
     まず、愛着の形成要因であるが、乳児は日々の生活の中で母親を認識し、強い依存要求をもつようになり、特別の対象として認知するようになる。つまり、日常の欲求充足が当初愛着を形成する要因と考えられていた。しかし、ハーロウは赤毛ザルを用いた一..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。