S0610 国語科概論 リポート(A評価)2018【最新版】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数819
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【設題】テキストの内容を踏まえ、 国語科教育の内容と方法について論述しなさい。

    インターネットなどを利用して、わかりやすくまとめました。
    あくまで参考資料としてご利用ください。

    評価所見(A)は「テキストの内容を踏まえ丁寧に論述することができています」でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     テキストの内容を踏まえ、 国語科教育の内容と方法について論述しなさい。
    (1章)「音声言語」の指導のポイント
    まず音声言語の指導内容として大切なポイントをまとめると、テキスト によれば、①朗読・群読で声を届け合うこと、②コミュニケーションのなかでの聞く力を育てること、③学びの基礎としての話し合いがあるという。それぞれの指導方法について、テキストに沿って述べる。
    ①については、朗読・群読で大切なのは、子ども自身がどういう声で読むのかを作品から解釈し、またグループで解釈を出し合って互いの声を聞き合い、心を通い合わせることや、その基礎としての発声・発音指導だという。
    ②については、話す力だけでなく聞く力を養うために、話されている内容への構えとしての対事意識、話している相手についての構えとしての対他意識、聞いている自分への構えとしての対自意識をもたせたり、最後まで聞く等の態度的な力、話をしぼって聴く等の能力的な力を計画的に育成する必要があるという。
    ③については、話し合いを聞き合いと捉え、話し合いの種類を学び、その形態・目的に応じて、クリティカルな思考の育成を重視するのか、人間関係を築きなが..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。