P6305 米文学研究_第1設題・第2設題セット(B評価・C評価)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数12
閲覧数678
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【第1設題】『グレート・ギャツビー』に見られる感覚的な描写について、具体例を3つ以上挙げて、あなたの考えを述べなさい。

    【第2設題】『グレート・ギャツビー』はアメリカ人の間で人気が高いのであるが、その理由はどんな点にあると考えるのか、具体的な描写を2つ以上挙げて、あなたの考えを述べなさい。

    第1設題の評価所見(B)は、「設題をしっかり理解し、一つ一つの引用について具体的にわかりやすく述べられている良いリポートだと思います」でした。
    第2設題の評価所見(C)は、「作品全体の大きな流れを頭に置きながらギャツビーにアメリカン・ドリームを見出すことができると一貫に論じられています」でした。

    あくまで参考資料としてご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     【設題1】『グレート・ギャツビー』に見られる感覚的な描写について、具体例を3つ以上挙げて、あなたの考えを述べなさい。
    『グレート・ギャツビー』には様々な場所で、色彩や音などを用いて感覚的な描写がうまくされているが、ここではこの物語の中心となるギャツビーとデイジーの二人の恋愛に焦点を絞り、これらに関する色彩による感覚的な描写について述べたい。
    ギャツビーが想いを寄せるデイジーに対して、至る所で作者は「金色」という最も派手ともいえる色を用いてデイジーの描写を行っている。ここでいう金、正確には黄金であるが、これはデイジーのことを指しており、ギャツビーにとってデイジーとは、黄金のような存在であったということである。ギャツビーが言う、「彼女の声にはぎっしり金がつまっている」(スコット・フィッツジェラルド 村上春樹訳「グレート・ギャツビー」218頁(以下頁数のみ))は、実際に声に金がつまるはずもないので、彼女の存在、そこから発せられるものはギャツビーにとってすべて黄金のような存在であったということである。これは、ギャツビーのデイジーに対する過度の憧れ、神格化のようなものである。それは次のような表..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。