Z1802 介護等体験研究 リポート(A評価)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数473
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【設題】なぜ介護等体験が小学校・中学校の普通免許状の取得のために必要なのか論じなさい。

    図書館で数冊の参考資料を借り、熟読し、わかりやすくまとめました。
    あくまで参考資料としてご利用ください。

    評価所見(A)は、「介護等体験の意義、必要性がよくわかるリポートです」でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【第1設題】なぜ介護等体験が小学校・中学校の普通免許状の取得のために必要なのか論じなさい。
     少子・高齢化の時代にあって、互いに助け合い、より豊かな福祉社会を築くために、今後の日本を担っていく子供たちを育てる教師はとりわけ重要な役割を果たしている。その教師となるために、障害児・者や高齢者等への理解を深める体験が必要となる。そこで、平成10年度より施行された、「小学校及び中学校の教諭の普通免許状授与に係る教員職員免許法の特例等に関する法律」により、義務教育教員志願者に対して、介護等体験が義務づけられたのである。この法律の趣旨は「義務教育に従事する教員が個人の尊厳および社会連帯の理念に関する認識を深めることの重要性にかんがみ、教員としての資質向上を図り、義務教育の一層の充実を図る観点から、小学校および中学校の教諭の普通免許状取得希望者に、介護等の体験をさせること」としている。
    よって、この介護等の体験において、介護が必要な高齢者や身体的・精神的・知的障害のある人たち、あるいは困難を抱えて生活している人たちなど、色々な方と触れ合うことになるが、こうしたふれあいを通じて「人の心」を理解する豊か..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。