Z1110 教育相談の研究 リポート(A評価)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数562
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【設題】学校における各種指導(教科指導、生徒指導、進路指導、特別活動等)と教育相談(学校カウンセリング)の関連について論じなさい。

    図書館で数冊の参考資料を借り、熟読し、わかりやすくまとめました。
    あくまで参考資料としてご利用ください。

    評価所見(A)は、「学校における各種指導場面でのカウンセリング的意義やその取組み方についてよく述べられている」でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【第1設題】学校における各種指導(教科指導、生徒指導、進路指導、特別活動等)と教育相談(学校カウンセリング)の関連について論じなさい。
     学校における各種指導と教育相談)の関連について論じる前に、教育相談とは何か簡単に説明したい。教育相談は、誰が行うという視点から教師カウンセリングと、スクールカウンセリングに大別できる。教師カウンセリングとはその名の通り教師が行うカウンセリングであるが、教師なら誰でもカウンセリングを行えるかというとそうではない。長坂(1998)や小村(1998)によると、教師カウンセリングが行える教師とは、ある程度の専門性を有し、経験を積んだ教師だけが行える。次に、スクールカウンセリングとは、学校の教師とは別に学校にカウンセラーを雇いカウンセリングを行ってもらうものである。これらが、配置されるようになった背景には、表面的には、不登校の生徒の増加やいじめによる自殺、暴力事件などが挙げられるが、本質的には、理由は複雑化している。以上を踏まえて次に、教科指導とカウンセリングの関連について説明したい。
    近年重視されつつある構成主義的な学習指導の考え方に立つ教科指導の場面では、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。