Z1104 教育社会学1 リポート(A評価)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数626
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【設題】学歴社会とは何かを説明し、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べて下さい。

    図書館で借りた参考資料、テキストを熟読し、わかりやすくまとめました。
    学力低下の問題とも関連させながら考えると、なおよいかもしれません。
    あくまで参考資料としてご利用ください。

    評価所見(A)は「「学歴社会とは何か」について、テキストに沿ってしっかりと定義されています。また、学歴社会の現状と問題点も正確に考察できています」でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【第1設題】学歴社会とは何かを説明し、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べて下さい。
     学歴社会とは、「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」を意味する言葉とされている。社会的地位とは職業的地位と重なる側面もあるが、もっと広い意味であり、文化的地位なども含む。一方、学歴社会と似た言葉に高学歴社会があるが、高学歴社会とは、単に、「高学歴者の多い社会」を意味する言葉である。具体的には、高校卒業後の高等教育機関への進学率が50%を超える社会であるとされており、「学歴社会」とは意味合いが異なる。日本はアメリカ、カナダなどと並び数少ない高学歴社会の一つである。
    現在、先進国、発展途上国を問わず、教育の充実は各国家、社会の最重要課題の一つに挙げられている。学歴社会というと、教育を重視する社会というイメージが強いが、その通りであるならば学歴社会ではない社会などこの世に存在しないことになるが、学歴社会に対しては、古くから様々な批判がなされてきた。就職・昇進や結婚と関係した大学間格差の存在や、学歴による差別、入学試験に対する批判..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。