Z1102 教育原論1 リポート(A評価)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数215
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【設題】 ハヴィガーストの発達課題について述べよ。

    図書館で借りた本やインターネットから資料を集め、まとめ、自分の意見も加えました。
    あくまで参考資料としてご利用ください。

    評価所見(A)は、「設題の主旨に合致して良いレポートです。」でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【第1設題】ハヴィガーストの発達課題について述べよ。
    人間には発達に応じた課題があるということを、「発達課題」というが、この概念を積極的に述べているのが、アメリカの教育学者ハヴィガーストである。彼は発達課題について次のように述べている。「発達課題とは、個人が学ばなければならないもろもろの課題、すなわち生涯の課題であり、我々の社会において健全な成長をもたらすものである。また、発達課題は個人の生涯にめぐりいろいろの時期に生じるもので、その課題を立派に成就すれば個人は幸福になり、その後の課題も成功するが、失敗すれば個人は不幸になり、社会で認められず、その後の課題の達成も困難になってくる」。そして、「生きてゆくことは学習することであり成長することも学習である」とも述べている。このような発達課題は、子供の発達を判断する実際的な標準として有効であるが、ハヴィガーストは、これらの課題は「身体的な成熟の結果」、「社会の文化的圧力」、「個人的な価値や野心」の三つの力から生じているという。また、ハヴィガーストは、発達課題という考えが、①学校における教育目標を発見し設定することを助ける点、②教育的努力を払う..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。